話し相手,傾聴,傾聴カウンセリング

【 リスナー】

氏名: 野山雄史(Yuji Noyama)

【メッセージ】


デザイン_プロフ 話すことで、気持ちが楽になることがあります。
あなたがここに辿り着いたのは、あなたの心の 、
「もう軽くなりたい」 そんな願いに導かれて…… だったのかも知れません。

そっと眼を閉じてみて下さい。
古びた扉があります。
それを開けば座り心地の良さそうな椅子。
そして、テーブルにはランプがひとつ。
……どうぞ。お座り下さい。

「大丈夫。どんなお話も聴かせて頂きます」 囁くように揺れるランプの灯り。
ここでは、あわてて言葉を紡がなくても良いのです。それは想いのままに。

ランプの灯りの炎の揺らぎは、心を癒す 『1/f ゆらぎ』。
その灯りに導かれ、その灯火に語りかける様に話すことで、気持ちが楽になり、心が軽くなることだってあるのです。そう。「話す」 の語源は 「放す」なのだと云われます。

「寂しいなんて言葉にすれば、鬱陶しいと思われるだけ」 「これを云えば家族や友達に嫌われる」 「心配されちゃう」「きっと叱られる」「呆れられる」 Lamplight に話すのに、そんな心配はいりません。それはただのランプの灯りなのですから。

抱え込まれた、悲しいこと、腹立たしいこと、悔しいこと、寂しいこと、辛いこと……etc.
それらは、もう 「放され」たがっているのかも知れません。

そんなとき、Lamplightを思い出して下さい。どんなお話も、心を込めてお聴きします。

【略歴】

デザイン_プロフ2大学で心理学を学び、臨床心理学、認知心理学、カウンセリング心理学を専攻。企業では営業や営業管理職を歴任するなかで、複雑な人間の関係性を学び、円滑な対人関係構築やコミュニケーションスキルを習得。企業退社後はフリーランスとして、コミッション営業やネット広告に携わる傍ら、現在も「傾聴ボランティア」「自殺防止関連の電話相談員」を続けながら各種資格を取得。

就職、退職、再就職、独立、結婚、離婚、再婚と人生経験を積むなかで、悩みや心配事や苦しみを抱えておられる方はもちろん、明確な訴えはなくとも、心に寂しさや不安や痛みを抱えておられる方が、誰でもカウンセリングを受けたり、良き話し相手を得られるようになれば、と願うようになり、現在の電話相談室を運営するに至る。

【資格】

・産業カウンセラー(日本産業カウンセラー協会)
・認定心理士(日本心理学会)
・心理相談員(中央労働災害防止協会)
・メンタルケア・スペシャリスト(メンタルケア協会)
・メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅰ種(大阪商工会議所)

【所在地】

・住所:〒662-0962 兵庫県西宮市松下町3-20
・電話:080-9478-9855
・メール:lamplight@colriohne.jp