話し相手とカウンセリングの「Lamplight相談室」公式ブログ

話すことには心を癒す力が宿ります。あなたの大切な話し相手となり、どんなお話も聴かせて頂きます。誰にも話せないホントの気持ち。でも、ここでなら大丈夫。あなたの心が少しでも軽くなりますように。~話し相手からカウンセリングまで~

タグ:他者


head_banner2


話し相手20160928_2

信仰、と云うほど大袈裟なものでは全くないが、僕の家には神棚がある。そして、神棚、と云うほど立派なものでも決してない。なにせ僕がハンドメイドで拵えたものだ。一応は朝には二礼二拍一礼で手を合わせている。云うまでもなく時々は忘れるのだが。

それはともかく、収められた御札が少々珍しいのではないかと思うので紹介してみたい。中央はもちろん 「天照皇大神宮」。これは当然である。話し相手20160928右側が 「西宮神社」。福男選びで有名だが、このあたりの氏神様である。そして左側。崇敬する神社の御札が収められるこの位置には 「三峰神社」 から借り受けた御眷属ごけんぞくの御札が収められている (本来的には御眷属ではなく三峰神社の御札を収めるべなのだろうが)。秩父にある神社であるが、この神社は狼神社として知られている。僕自身、それぼど信仰心の篤いほうでもないのだが、ある時、偶然にその事を知って興味を持ち、調べるうちに次第に心惹かれ、ついに三峰神社で御眷属を借りるに至り、こうして祀っている訳である。

なんでも、関東を中心に東北や西側にも拡がった「狼信仰」と云うものが、この国には存在している。東京の武藏御嶽神社や同じく秩父の宝登山神社などが有名であるが、そうした神社では、狼を 「お犬様」 として祀っているのだ。人々は個人的に崇拝信仰する場合もあれば、それぞれの地域で 「講」 と呼ばれる集団を組織して、定期的に講員全員、ないしは代表者がその神社に参拝する (代参) 場合もある、と云ったものだ。まあ 「冨士講」 と同じで信仰の対象が違うだけとも云える。が、その対象が狼であるのが興味深い。

たとえば三峰神社は倭建命 (やまとたけるのみこと) が伊弉諾尊 (いざなぎのみこと) ・伊弉册尊 (いざなみのみこと) を祀ったのが創建とされるが、この東征の際に秩父の地を道案内をしたのが狼 (山犬) だったと云う。話し相手20160928_3以来、狼は倭建命の、更には山の神のお使い (御眷属) として崇められ、火盗除、病気除、害獣除、憑物除、諸難除の霊験あらたかと云う事だ。ちなみに三峰神社では、「お炊き上げ」と称し、毎月10日夕刻に「近宮」で三峯神社の神域の御眷属を祀り、19日夕刻には「遠宮」で諸国に貸し出されている御眷属を祀って小豆飯を炊き上げて供える行事が執り行われている。更に、各地で行われている信仰のスタイルがなかなかに興味深い。都市部では難しいだろうし、現在では継続されていない場合もあるだろうし、地域による違いもあるだろうが、一部を紹介するとこんなものがある。

まず、代参の前に行われる、山の神と御眷属への供えと同じ物を食べる「直会なおらい」。集落と山間部との境に建てられた祠などに祀られた御眷属に、毎月19日の深夜未明に赤飯などを炊いてお供える「お炊き上げ」。赤ん坊が生まれた際に先の祠に供え物をする「御産立おぼだて」。似いているが今度は狼が子供を産んだ時に、その産見舞さんみまいとして山に赤飯を備える「お産見舞ぼやしない」。そもそも、狼が子供を産んだことをどうやって知るのだろう?と思うが、狼が子供を産む時は、独特な鳴き声をあげると云う。そして、「心ぐなる者」 だけがその声を聞く事が出来ると云うのだ。

こうした信仰の背景には次のような事情もある。その昔、山にまだ日本狼が生息していた頃、よく里には狼が出た。狼は、猪やら鹿やらの農作物の害獣を食する。それは山と農業にとって恩恵である。話し相手20160928_4よって農家の人達は山の神と狼とを祀ったのだった。だが一方で、狼は家畜を食べるし場合によっては人をも襲う。すると今度は、それを軽減する為に祈る。これをやるから家畜は食ってくれるな、ここから里には降りて来てくれるな、と云う訳だ。つまり狼は、人に恩恵も与えれば、災厄も及ぼす存在だったのである。人々はそれにたいして祈り、狼の出方を窺うことしか出来ない。そして更には、狼とは山の神の使いでもあったのだ。だとすれば、こんな思いも湧いてこないではない。当時、人々は狼を通して「自然」を見ていたのではないか? 自然は人々に恵みを与えると同時に脅威をも与える。自然を支配する事など出来はしない。出来るのは、何とか推論しながら、上手く付き合って行くことだけだ。人と自然との間に、安心して前提となる共通の規則などない。自分(人)に当てはまることが万人(自然)に当てはまるなどと云う事は決してない。つまり、云ってみれば、人々はそこに<他者>を見ていた訳である。心直なる者とは<他者>を知る者ではなかったか?

そうした思いを受け継いできた人々の想いを、僕は尊いと思う。山を、自然を思い、畏れ、その振る舞いに驚きながら、ずっと大切に付き合って来たの人々の想い……。と云う訳で、僕の家には神棚がある。


人気ブログランキングへ ← クリックでの応援をお願い申し上げます。

傾聴20160911

群発頭痛と云う病をご存じだろうか? 病、と云うか慢性頭痛の一種なのであるが、実は、僕の持病でもある。有病率は0.056%~0.4%程度(1000人に1人程度)、20~40歳代の男性に多い。既に、僕は20年近くの付き合いになる。

どんなものかと云えば、あくまで僕の場合だが、1年に1度、群発期と云われる 「痛み」 のおこる時期がやって来る。そしてこの群発期には、毎日、痛みが訪れるのだが、不思議なことに痛むのは1日に1度(1時間~2時間)であり、日内でも群発期がある格好なのだ。つまり、群発期が入れ子構造になっている訳である。

なんとも奇妙な頭痛なのだが、この痛みたるや凄まじい。目の奥が抉られような激痛である。はっきり云って耐えがたい。対処としては、予防薬を飲んで1日1度の発作を回避しつつ、それでも時として起こる発作には、相性の良い頓服を服用して痛みを抑えることしか出来ない。何故、予防薬が効かない日があるのか、どうして頓服を使っても効かない日があるのかは、全くもって不明である。

と云う訳で、ここ1か月ほど僕はこの群発頭痛の群発期のなかにいた訳である。いやはや厳しい日々だった。薬でコントロール出来ず発作が起きた時の痛み……そうでなくても、痛むのではないかとの予期不安もあり日常生活が大きく障害される。なにしろ発作の誘発因としてアルコールがほぼ100発100中であるため飲酒も出来ない。

そんなこんなで暗黒の日々を過ごしていたのだが、どうも昨日から様子が変なのである。この頭痛、発作の前には予兆の様な鈍い痛みがある。予防薬を減らしたり、予防効果を超えて痛み出す前などに起こるのだが、既に群発期に入って1か月を超えているため薬を減らしており、ここ数日はしばしば予兆があった。それが、昨日はなかったのである。これはもしや……晴れて群発期を明けたのか……? と云って、油断大敵。すこし様子を見なければ。

だが、群発期終了ならばこれほど嬉しいことはない。また来年までこの苦しみとはお別れである。加齢によって治るとも、発症から約20年で治るともいわれているこの頭痛。僕もそろそろ終了しても良いと思うのだが……。と、つい長々と書いてしまったが、書きたかったのは頭痛そのものの事ではない。俗に 「痛み」 は本人にしか判らないと云われる。確かにその通りだし、ここで訴えた僕の窮状についても人に伝えるのは難しいものである。

ただこれは、「痛み」 に限った事ではない。他者の心情についても同じことが云える。究極的には本人にしか判らないのである。けれど、そこを、どれだけありありと、ひしひしと、あたかも自分の事の様に想像できるか、と云う事が、「共感」 だの 「寄り添う」 だのと云う時に重要なのだと思う。今回こうして身体の 「痛み」 を抱え、人から尋ねられるままに状況を語るとき、改めてその難しさを実感した次第である。


カウンセリング ← クリックでの応援をお願い申し上げます。

↑このページのトップヘ